Home/製品 紹介/製品 紹介

製品 紹介

  SPEEDBARとは? 新概念の分電盤


PEEDBARは既存の銅ブスバー分電盤の短所である充電部露出による電気感電事故や、地絡、及び火災事故が発生する問題点を画期的に改善し、断電性を強化した製品で、誰でも早くて容易、かつ安全に分電盤を組立てることができるという長所を持っています。

ブロック形式でモジュール化した製品に多様なセンサーを内蔵し、電気的特性を検出する製品として、情報処理及びデータ分析して最尖端 SMART 分電盤を具現したことにより、既存製品と比べることができないほどの差別性を持っています。

ブロック形式で既存製品と比べることができない差別性

  互換性一般遮断機との完璧な結合

■ 遮断機と SPEEDBAR 同一規格

遮断機SPEEDBAR 100% 互換可能

  優秀性なぜ “SPEEDBAR”なのか?

■ SPEEDBARの優秀性は 設計, 施工, 事後管理で確実に現われます。

設計 “銅ブスバー電源分配装置は全て絶縁ケースの中に集まれ”

  • 不必要な部分を無くして機能性を強化し、安全で易しく、早く作業することができます。
  • 見掛けがシンプル、コンパクトであり、遮断機と完璧に調和を成します。
  • 安全を考慮して全ての銅ブスバーを絶縁ケース内に挿入するように構成しました。
  • 伝導率を高めるために 100% 柱石でメッキしました。
  • ブロック型に規格化されており、 分電盤設計時に標準化が可能です。
施工 SPEEDBARによって、安全かつ易しく早く一人で分電盤を作ります。

  • 別途の道具なしに接続器具の締結のみで完璧に決線されます
  • スリム型で、狭い空間にも設置可能です。
  • 単一工程によって施工されるので、時間の節約になります。
  • 標準化された製品で施工品質が非常に安定的で優れています。
  • 資材管理が易しくて、作業与件が非常に安全な状況で施工が可能です。
事後管理 アップグレードされた分電盤ですので、簡単で経済的です。

  • 点検が易しく、管理も容易です。
  • 既存資材が 100% リサイクルされます。
  • ブロック型で交替及び追加設置時、とても易しくて簡便です。
  • 難燃絶縁ケースで構成されており、電気による事故の危険がありません。

  生産性生産性比較

■ ブスバー加工機と専門技術者なしで電気関連者も分 電盤製作可能

■ 同一時間
仕分け 銅ブスバー分電盤製作 SPEEDBAR分電盤製作
同一時間 10台 100台
専門技術者 電気関連者

  经济性銅ブスバー分電盤とSPEEDBAR分電盤の比較分析

仕分け 銅ブスバー分電盤 SPEEDBAR分電盤
作業工程 特殊機械使用製作 ボルト締結方式
製作所要時間 約5時間所要 約20分所要
製作後構造変更 不可(構造変更) 多様な構造具現方式
製品のリサイクル 不可(古鉄) 100% 可能
原資材の割合 多少の不具合あり 規格化により不良率 0%
作業者 専門技術者 一般電気関連者
流通構造 直接販売方式 代理店販売方式
生産方式 注文生産方式 多品種大量生産方式
緊急復旧時 工場注文生産 現場組み立て完成
電気増設時 不可(再製作) 必要な量だけ追加拡張可能

  優秀性なぜ “SPEEDBAR”なのか?

■ SPEEDBARの優秀性は 設計, 施工, 事後管理で確実に現われます。

設計 “銅ブスバー電源分配装置は全て絶縁ケースの中に集まれ”

  • 不必要な部分を無くして機能性を強化し、安全で易しく、早く作業することができます。
  • 見掛けがシンプル、コンパクトであり、遮断機と完璧に調和を成します。
  • 安全を考慮して全ての銅ブスバーを絶縁ケース内に挿入するように構成しました。
  • 伝導率を高めるために 100% 柱石でメッキしました。
  • ブロック型に規格化されており、 分電盤設計時に標準化が可能です。
施工 SPEEDBARによって、安全かつ易しく早く一人で分電盤を作ります。

  • 別途の道具なしに接続器具の締結のみで完璧に決線されます
  • スリム型で、狭い空間にも設置可能です。
  • 単一工程によって施工されるので、時間の節約になります。
  • 標準化された製品で施工品質が非常に安定的で優れています。
  • 資材管理が易しくて、作業与件が非常に安全な状況で施工が可能です。
事後管理 アップグレードされた分電盤ですので、簡単で経済的です。

  • 点検が易しく、管理も容易です。
  • 既存資材が 100% リサイクルされます。
  • ブロック型で交替及び追加設置時、とても易しくて簡便です。
  • 難燃絶縁ケースで構成されており、電気による事故の危険がありません。